~ もっと出来るはず ~   カービューティープロ LESTON 店主のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ランドクルーザープラド・ガラスコーティング


新車のボディコーティングのご予約やようやく入り始めました。
1月、2月はこの地域では雪に神経がいってしまい車になにかをしようなどとは思えないでしょう。
冬眠から目覚めた当店は4月のピークに向かい人間が慣らし運転中です。
予定のある方は早めにご予約いただくことでご希望の日時で施工できます。GW明けになってしまう場合が多々ございますので。

IMG_3060.jpg

新車ではありましたが保管場所に大量の降雪があったようです。
どんなに気をつけてもやはり、車の雪を払うと無抵抗の塗装面にはわずかにキズが入ってしまいます。
多分、私達も外では判別できないでしょう。磨きブースで適切な光源を当てると見えてきます。
キズの深さを判別して適切なバフ、コンパウンドを選定し、磨きに入ります。



IMG_3073.jpg

赤外線乾燥機を使用し、ガラスコーティングに更なる硬度を高めます。夏期には一晩エージングすることで安定した
効果を得ることができます。しかし、冬季となれば自然乾燥で効果を得ることができません。


IMG_3079.jpg

IMG_3080.jpg

硬度を高めた、膜厚のあるコーティング被膜が完成しました。
ドゥレッザガラスコーティングは高分子シランを低分子化させることで塗装面の密着性を高め、一般的なガラスコーティングと
比較しても硬く、膜厚の確保を容易にしました。

ナンバープレートの封印。降雪地域では一度、冬を越してしまうと白くサビが発生します。そして錆びた封印からは
汚染した水分によりナンバープレートまでもが劣化していきます。これを完全に防ぐのが当店の錆びない封印加工。
(そのままの名称なんですが(^^;))当店オリジナル技術です。新品状態を長期に維持できます(現在、4年経過した車両で
新品の状態を確認済みです。)
一度、冬を越したお車には施工できませんのでお気をつけてください。

IMG_3084.jpg

ホームページ
   http://www.cbp-leston.com/

Facebook
    https://www.facebook.com/cbp.Leston/
スポンサーサイト
  1. 2017/02/28(火) 18:39:46|
  2. ボディコーティング

トヨタ・ルーミー・ガラスコーティング


いつも沢山のご依頼を頂いております秋田トヨタさま。誠に有難うございます。
本日、ご紹介いたします車両はルーミーです。もちろん新車です。
ようやく雪もひと段落でしょうか。今週は天気がよさそうです

IMG_3055.jpg



秋田のような気象条件では赤外線乾燥機は必需品。
ガラスコーティングは気温が低いと硬化しません。冷蔵庫の中に洗濯物を乾かして乾くでしょうか?
極端な例ですが全く同じです。洗濯物が乾くような状況でないとコーティングも乾かないんです。

室温は20℃。更に強制乾燥させるために赤外線乾燥機を使用します。
暖房費もバカになりません。ですがコレを行わないとコーティングは全く意味のないものになります。

IMG_3050.jpg


この美しさを長く楽しんでいただくために当店では施工日から1ヶ月目と6ヶ月目に無料メンテナンスをお付けしております。
いくら高価なコーティングをかけたとしてもお手入れの仕方によっては価値のないものになってしまう場合があります。
無料のメンテナンスで洗車から読み取ることができる情報から適切なアドバイスが出来ると考えております。

IMG_3056.jpg

大人気のルーミー。小さなエンジンにこのパッケージ。軽自動車の購入を考えていらっしゃる方は一度、検討してみては
いかがでしょうか

IMG_3058.jpg

ホームページ
   http://www.cbp-leston.com/

Facebook
    https://www.facebook.com/cbp.Leston/
  1. 2017/02/26(日) 17:06:32|
  2. ボディコーティング

ニッサン・エクストレイル・ヘッドライト磨き、プロテクションフィルム


ブログでご案内しておりますがヘッドライトのプロテクションフィルム(PPF)は当店では非常に多くのお客様に
支持されております。誠に感謝です。他県からのご依頼も多く、ヘッドライトの劣化には敏感になっていると思われます。

ヘッドライトコートは一般的に施工されておりますがガラス系のコート剤が大半を占めます。ガラス系ですとヘッドライトの
素材であるポリカーボネイトの伸縮に耐え切れず、破断するため、効果は一年ほどがほとんどです。
PPFは約200ミクロンのポリウレタンフィルムが紫外線、飛び石による劣化の原因からヘッドライトを保護します。

今回のご依頼はエクストレイル(T31)。黄ばみの進んだライトの研磨から作業します。

IMG_3019.jpg

フロントバンパーは研磨作業に邪魔なために取り外しました。黄ばみの原因は純正のハードコートの劣化であり、
完全に取り去らないと、後に黄ばむ可能性があるために念には念を入れて。
サンドペーパーにて数段階にて研磨していきます。
サンドペーパーで研磨したヘッドライトをポリッシャーにてクリアになるまで磨きあげます。


IMG_3044.jpg

PPFを貼り付けていきます。
ヘッドライトがガラスからポリカーボネイトに変わってからデザイン性が向上したために複雑な形状のものが多くなりました。
このライトも難易度が高いです。


IMG_3048.jpg

完成したライトのアップ画像ですが、貼り付けしてあることは分かりません。これだけ透明度があります。
画像には映っておりませんが僅かにクラックの発生がありました。
黄ばんだヘッドライトを自己流で処理を続けたりするとクラックの発生につながったりしますので
気になる方はお気軽にお問い合わせください。

IMG_3049.jpg

スッキリとした目元が戻りました。状況にもよりますが5年程の耐久性があります。
ボディがいくらピカピカでもヘッドライトが黄ばんでいると車が古く見えます。全てバランスですね。
このたびは当店をご利用頂きありがとうございました。

ホームページ
   http://www.cbp-leston.com/

Facebook
    https://www.facebook.com/cbp.Leston/
  1. 2017/02/20(月) 18:14:05|
  2. ヘッドライトコート

トヨタ・プラド・グリル、ガーニッシュ・ラッピング 

もう終わった雪まつりの話ですが2月15、16日は横手のかまくらでした。
あまりにも美しい画像でしたので微力ではありますがブログにお越しになられた方に横手を知って頂けたらと思い、
使わせて頂きました。(許可は頂きました。)

画像には映ってませんが3400個のミニかまくらがあるみたいです。画像の上と下に長く続いています。
郷土を愛するボランティアの方々の尽力に頭が下がります。尊敬とともに感謝致します。


16708256_1388906591183097_8564706080295924513_n.jpg
                                photo by 高垣大輔


本題に入ります。
ランドクルーザープラドのラッピング依頼です。

◎ グリル
◎ リアガーニッシュ
◎ フューエルリッド

以上の3点のラッピング作業です。

IMG_3027.jpg

まずはグリルの脱着、パーツの取り外しから。
結構な部品数です。一つずつ丁寧に貼り付け作業を行います。

自分も若かりし時に光るピカピカしたグリルがイヤで缶スプレーで色替えした記憶がありますけど
メッキパーツには塗料が載らないので冬になると氷と一緒にポロポロと剥がれてみっともなくなったなぁ・・・。



IMG_3033.jpg

トヨタエンブレムの周りも丁寧に仕上げていきます。



IMG_3035.jpg

貼り付けした細かな部品を取付していきます。
サテンブラックをメッキ調のパーツへ。シルバーに塗装された部分はブラックカーボン。


IMG_3040.jpg

フロントグリル完成。ガラリとイメージが変わりました。アメ車っぽい?


IMG_3041.jpg

フューエルリッドはブラックカーボン。



IMG_3042.jpg

リアガーニッシュは文字が一緒に成形されていますので悩みましたがこんな感じで仕上げました。
浮き出た文字も一個ずつカーボンブラックを貼り付けしてあります(^^;)
お客様の喜ぶ顔を想像するとやり過ぎてしまいます。
時間がありましたのでリアのトヨタマークの中にもブラックカーボンで貼り付け。

とても喜んでいただけました。このお客様の笑顔は励みになります。当店をご利用頂きありがとう御座いました。

ホームページ
   http://www.cbp-leston.com/

Facebook
    https://www.facebook.com/cbp.Leston/

カーラッピング
   http://www.cbp.co.jp/company/topics/topics_110513_wrap_2.html
  1. 2017/02/19(日) 16:00:24|
  2. カーラッピング

ルノーメガーヌ・YAWARA


お客様よりレザーシートの劣化を防ぐ方法はないのかと課題を突きつけられてから早十数年。
色々と資材メーカーさんに問い合わせしてみたり、レザーコーティングとして施工しているお店に飛び込みで伺ったり
しましたが納得できるものはありませんでした。

そしてやっと辿り着きました。

YAWARA(柔)レザーコーティング。世界初の水性軟性コーティング。
東北では福島県いわき市のプライドワンと当店のみの取扱いになります。

従来の考え方としてコーティングとは守りたいものの表面を硬い物質で覆うことで保護するものと考えられておりました。
しかし、この定説を真逆から捉え、守りたいものの表面を柔らかい薄膜のシリコン樹脂で覆うことで外部からの衝撃や刺激を
受け流し保護します。


今回の施工はルノーメガーヌRS。
特別仕様のRSはアルカンターラとレザーのコンビシート。ステアリング、サイドブレーキレバー、シフトカバーが標準で
アルカンターラ仕様になってます。

上記の部分にYAWARAをコーティングしていきます。

IMG_3002.jpg

シートはアルカンターラとレザーのコンビシート。ファブリック用とレザー用を2種類使用します。
YAWARAをコーティングすることで汚れ、色褪せ、小キズから愛車を守ります。
普段の手入れは簡単な水ぶきだけでOK。
面倒なレザーやアルカンターラのお手入れから解放されます。

IMG_3012.jpg


YAWARAの高性能を是非動画でご覧ください。




こちらのメガーヌ、ジョンシリウスMと言うカラーです。
なんとも美しいイエローです。植物樹脂が塗料に混合されているとオーナー様のお言葉。
絶対にぶつけられないようです。色合わせができないんでしょうね。
ジョンシリウスMのMはメタリックなんでしょうか?。パールのように美しいです。

IMG_3015.jpg

ホームページ
   http://www.cbp-leston.com/

Facebook
    https://www.facebook.com/cbp.Leston/

YAWARAレザーコーティング
http://www.cbp-leston.com/other_19.html

  1. 2017/02/13(月) 12:02:00|
  2. YAWARA・柔・レザーコーティング

トヨタ エスクァイア ガラスコーティング


先日、Facebookにてウインドウフィルムを施工しましたエスクァイアのボディコーティングが完成しました。

ドゥレッザガラスコーティングは塗装への密着が非常によく、膜厚が高いコーティングになります。
当然、塗装よりも硬く、厚い皮膜は従来型のガラスコーティングと比較してもスクラッチキズが塗装まで達する確率も低いため
にコーティング本来の塗装を守るという性能が高いレベルで確立しております。

IMG_3007.jpg

一般量販店で手に入るワックスは濃色のカラーに使用しますとブラックであれば更に黒さが増すような仕上がりになります。
ドゥレッザガラスコーティング従来型の高分子シランを低分子化することにより密着性を向上させて膜厚を上げることが
出来ました。そのためドゥレッザガラスコーティングはまるでクリア層が増したような透き通る塗装面へと変化します。

IMG_3008.jpg

こちらの車両は某トヨタディーラーの営業マンのお車です。自社にてガラスコーティングは取扱いされているのに
当店にわざわざ施工を依頼していただけるのは信頼の証と勝手に思い込んでいます。

IMG_3010.jpg

ホームページ
   http://www.cbp-leston.com/

Facebook
    https://www.facebook.com/cbp.Leston/
  1. 2017/02/12(日) 14:28:51|
  2. ボディコーティング

スバル・クロスオーバー7・グリルラッピング


数日前にFacebookにてグリルのラッピングをご紹介しましたところ、お問い合わせが多くありまして
ブログにて詳細をご紹介したいと思います。

国産車は多くのメタルパーツやメタルモールにて装飾されている車両が多いですね。
日本人は光物が好む傾向にあるのでしょう。
欧州車などにはフロント部分やリア周りにメタルパーツはほとんど使用されておりません。

こちらのオーナー様は横手のスバルディーラーの中古車担当の油○さまのお車です。
「名前出してもいいよー」とのことでしたが一応隠したつもりです。

実車をご覧になりたい方はどうぞどうぞと申しておりましたのでご興味がございましたら行ってみてください。

IMG_2969.jpg

この存在感のあるグリル。好き嫌いが分かれる所なのでしょうか?
本人いわく、このデカイ光っているグリルが気に入らないようです。

IMG_2971.jpg

通常はバンパーを取り外さないと外れないグリルですが、グリルの狭い裏側からモゾモゾと6本のタッピングスクリューを
外すことによってグリルのみが外れます。

IMG_2975.jpg

グリルから一つずつ丁寧にメタルパーツを取り外し、丁寧に貼りつけしていきます。
ビスなどは使用されておらず、全てツメで止まってますのでドライヤーにて温めてツメを折らないように取り外します。
施工したフィルムは周りがグロスブラック。見た目はブラックメッキの様になります。
中はサテンブラックにてラッピング。サテンブラックとは国産車ではドアサッシュに使用されているもので、マットブラックより
少しテカリ感があります。

IMG_2977.jpg

問題はボンネットの先端についているメタルパーツです。取り外して貼り付けしたいのですが、なんせ新車です。
結構がっちり取付られておりまして・・・。外せないことはないですがクリップが全滅しそうです。
で、そのままで施工します。自分的には納得してませんが。

IMG_2979.jpg


完成しました。スッキリしたフロントマスクに大変満足いただけました。


ホームページ
   http://www.cbp-leston.com/

Facebook
    https://www.facebook.com/cbp.Leston/

カーラッピング
   http://www.cbp.co.jp/company/topics/topics_110513_wrap_2.html
  1. 2017/02/12(日) 13:26:27|
  2. カーラッピング

プロフィール

カービューティープロ LESTON

Author:カービューティープロ LESTON
車のガラスコーティング、カーフィルム、カーラッピングなどの施工店を秋田県横手市で営業しております。店主の日々の奮闘記です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (48)
ボディコーティング (54)
ウインドウフィルム (22)
カーラッピング (30)
ヘッドライトコート (11)
ルームクリーニング (7)
コーティングメンテナンス (3)
バイクラッピング (3)
ホイールコーティング (3)
アンダーコート (1)
セラミックプロ (21)
プロテクションフィルム (9)
YAWARA・柔・レザーコーティング (1)

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。