~ もっと出来るはず ~   カービューティープロ LESTON 店主のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フリード・ガラスコーティング・ホンダカーズ秋田横手店さま


今日が仕事納めの方が多いのではないでしょうか。
当店も本日が今年の最終日になります。
沢山の方々にご来店頂き、また沢山のお取引業者さまに支えられて本年も終えることが出来ました。
改めて感謝申し上げます。そして、私が仕事を続けていく上で2人のスタッフも大きな存在です。
この2人のおかげで私はやりたいことが出来ているのだと思っております。感謝しております。

来年からはもっとお客様側に立った視点から見つめ直し、お客様の気持ちにもっと寄り添っていきたいと考えております。
どうぞよろしくお願いいたします。

今年、最後の記事になります。
ホンダカーズ秋田横手店さまより純正コーティング剤の持込施工です。
当店ではよく新車ディーラーさまよりコーティング剤の持込があります。
今回の施工はホンダ純正『プレミアムガラスコーティング』
詳細はコチラ➡http://www.honda.co.jp/ACCESS/care/bodycoat/#coating-hydrophobic

IMG_2867.jpg


走行8万キロを超えた中古車です。
ボンネットフードの塗装面ですが、やはりそれなりに無数のスクラッチキズがあります。
全てを取り除くことも不可能ではありませんが、取り除くことによって利害も生まれます。ですので悪影響を与えず
研磨できるレベルでの施工になります。研磨レベルはMAXになってしまいますが・・・(^^;)


IMG_2822.jpg

ボンネットフード右側が初期研磨後で左側が研磨前の画像です。
ほぼキズは取り除くことが出来ました。この後に更に磨き込み、深い艶を引き出していきます。

IMG_2827.jpg

IMG_2866.jpg

ホンダ純正のプレミアムガラスコーティングを塗り込み完成です。
いくら高価なコーティング剤を使用しても下地である塗装面が荒れていては効果も半減します。

IMG_2862.jpg

ホームページ
   http://www.cbp-leston.com/

Facebook
    https://www.facebook.com/cbp.Leston/

スポンサーサイト
  1. 2016/12/28(水) 18:51:54|
  2. ボディコーティング

トヨタ・ルーミー・ラッピング


某トヨタディーラーの工場長からのご依頼です。

新車で早くもルーミーが納車になりました。グレードにより、窓枠の部分はボディと同色。
オーナー様の気に入らない部分は画像の赤の矢印部分。
フロントドアからスライドドアまでは真っすぐなラインがでていますがクォーターウインドウになると突然絞りこまれます。
ここを真っすぐにテール部分に向けてライン出しをしたいとのこと。
うーん、たしかに少し変。

IMG_2825(2).jpg

そこでグロスブラックでルーフモールの外側をラッピングすることに

IMG_2894.jpg

テールエンド部分は丁度よくテールランプと綺麗にラインがでました。

IMG_2893.jpg

問題はクォーターウインドウの下の部分。サテンブラックでフロントドアから真っすぐにライン出し。
思ったより仕上がりが良く、パッと見は純正のモールに見えます。

IMG_2892.jpg

ダミーのサンルーフ。
当店で作業したのはここまで。

IMG_2891.jpg

全てを完成してオーナー様が見せに来てくれました。
車高を落として、ホイールを変えて、サイドミラーのアーム部分とアウタードアハンドルを塗装して。

IMG_2905.jpg

こちらの車両は奥様が乗られる様子。前車も純正カラーにないラッピングをさせていただきましたが、工場長のお勤め先へ
あのカラーが欲しいとお客様がいらしたとか・・・。
どこのトヨタさんへ行ってもありませんのでご了承ください(^^;)

IMG_2906.jpg

カーラッピング
   http://www.cbp.co.jp/company/topics/topics_110513_wrap_2.html

ホームページ
   http://www.cbp-leston.com/

Facebook
    https://www.facebook.com/cbp.Leston/

  1. 2016/12/27(火) 18:04:27|
  2. 未分類

ミツビシ・アウトランダー・ガラスコーティング(ディフェンデル-F)


中古でご購入されてお持込頂きました。
塗装面の状態はとても悪いです・・・。
中古展示場に長く置かれていたと思われます。展示場にはライトアップのための照明が取付てありますが、そのために夜間は
虫が集まります。その虫の死骸がボディについたまま放置されますと虫の体液により、塗装面に多大なダメージを生みます。
修復不能がほとんどです。中古販売業者さまも高額な商品を大切にされておりますが、やはり全ての車両を完全な状態で
管理するのは無理があると思います。仕方のない部分ではあるのですが・・・。

以下完成画像になります。

ご入庫頂きました状態からは比べものにならないほどの光沢の塗装面が出来上がりました。
当店の汚いものも映りこんでしまってますが・・・(^^;)


IMG_2885.jpg

ルーフエンドスポイラーにはポツポツと虫の浸食跡が見えます。

IMG_2886.jpg

ボンネットフードにも画像でも確認できるほどの虫の浸食跡が・・・。

IMG_2884.jpg

トップ面だけ塗装が傷んでいますがサイド面は非常に綺麗に仕上がってます。

IMG_2887.jpg

とりあえずは完成しましたが、なんだか気分的にはスッキリしません。せっかくのお客様の期待に応えることができずに
残念です。致し方無いことなのですが・・・。
このような状態は年間数台入庫してきます。原因はこちらの車両のように長期に展示場に置かれていたもの。または屋外保管で
駐車場に街灯が設置してある場所など。その他、駐車してある上に電線があり、鳥の糞が良く付着する場合も同じ様に塗装が
浸食されます。対策としては街灯からなるべく遠い所へ駐車する。
電線に止まる鳥の糞に悩んでいる方は電力会社に相談してみてください。何らかの対策をしてくれると聞いたことがあります。

IMG_2883.jpg

ホームページ
   http://www.cbp-leston.com/

Facebook
    https://www.facebook.com/cbp.Leston/

  1. 2016/12/22(木) 17:45:34|
  2. ボディコーティング

アウトランダー・セラミックプロ9H4レイヤー・その他の施工


新車のアウトランダー。沢山の施工有難うございます。
十数年のお付き合いがありますお客様よりご入庫頂きました。

契約から数カ月、待ちに待った新車がやっと納車になりました。その足でまっすぐ当店へ。有難うございます。

施工内容は
◎セラミックプロ9H4レイヤー
◎フロントガラス撥水コート
◎錆びない封印加工
◎フロントガラス及びフロントドアガラスにピュアカット89プラス
◎リアドアから後ろが断熱フィルムのシルフィード
◎フロントガラスにサンシールドフィルム
◎アンダー防錆コート
◎ホイールガラスコート

10日間ほどお預かりしました。


セラミックプロは当店では最高ランクのコーティングです。最高の艶と最高の防汚性能を持ち合わせたコーティングです

IMG_2813.jpg

セラミックプロとは
Ceramic Pro JAPAN
   http://www.ceramic-pro.jp/index.html

IMG_2814.jpg

Ceramic Pro(セラミックプロ)は世界有数の検査、検証、テストおよび認定企業である「SGS」によってテスト・認定されています。
各試験において可能な限りの最高の結果を得ております。
http://www.ceramic-pro.jp/test/test.html

IMG_2815.jpg

フロントガラスには断熱透明フィルムのピュアカット89プラス。眩しさを軽減するため、その上からサンシールドフィルムを施工。

IMG_2816.jpg

ピュアカット89プラスの断熱性能はコチラの動画から




リアドアから後のウインドウには断熱タイプのスモークフィルム、シルフィード。これでガラス全面を断熱フィルムでガードです。
車内の温度上昇を抑えて、エアコンの効率もアップ。
ピュアカット89プラス  http://www.cbp-leston.com/sub2_25.html
シルフィード  http://www.cbp-leston.com/sub2_23.html

IMG_2817.jpg

アンダー防錆コートはJLMアンダーコート。オランダ製の合成ゴム系。当店では自動車ディーラーさんが内製化する以前から
手掛けており、沢山のアンダーコート剤を使用、テストしてきましたがJLMの製品が当店の評価は高く、現在に至っております。
http://www.cbp-leston.com/other_2.html

IMG_2818.jpg

錆びない封印加工はサービスさせて頂きました。以前に加工しました車両でも3年経過しても全く新品のままです。
こちらは一度、冬を越したお車は施工できません。新車での施工をお勧めしております。
http://www.cbp-leston.com/other_6.html


IMG_2819.jpg

IMG_2811.jpg

沢山のご依頼有難うございました。

ホームページ
   http://www.cbp-leston.com/

Facebook
    https://www.facebook.com/cbp.Leston/
  1. 2016/12/15(木) 13:16:19|
  2. セラミックプロ

セドリックY31・磨き・ガラスコーティング施工


1987年~1991年まで製造されたY31。当時はセダンタイプが主流でセドリックは高級車として人気がありました。
もうすでに25年は経過してますでしょうか。

オーナー様は愛車をこよなく愛し、大切にしていられた模様です。
そんな大切な愛車を当店に託していただき、嬉しく思っております。身が引き締まります。

完成画像になります。当時の様に輝きが戻ってきました。オーナー様の期待を裏切って申し訳ございません。
年式が年式なだけにあまり期待はしていなかったのでしょう。
納車時、オーナー様は仕事中でしたのでお会いすることは出来ませんでしたが後日、お喜びのメッセージをメールにて
頂きました。こんなお客様の喜びの言葉は私達のモチベーションになってます。有難うございます。


IMG_2800.jpg

全体的には深いキズが多く、塗装を考えますと深追いできません。光沢を上げることに集中して研磨を行いました。
この年式ですと現在の塗装に比べ2倍近くの膜厚があります。肌は粗いのですが深いキズにはサンドペーパーを当てて
キズを取り除くことも出来ました。現在の塗装はサンドペーパーは出来ません。どうしてもという場合はお客様立ち合いで
サンドペーパーをかけることはありますが。

IMG_2801.jpg

美しい映り込みです。
普段には使用しないようですので、この輝きの持続はかなりのものでしょう。

IMG_2802.jpg

お客様は当店をご存知なかったようですがディーラーに相談されたところ当店を紹介されたようです。
よくある話ですが自動車ディーラーさまにもいつも感謝しております。

IMG_2803.jpg


IMG_2804.jpg

先日、カレンダー回しで取引先を訪問していたのですが純水器について質問が多かったですね。
秋田市のビューティフルカーズさんの純水器がテレビで放映されたのを沢山の方が見ておられました。

当店は取扱い代理店となっております。
ご興味がございましたらございましたらお尋ねください。お店にもディスプレイしておりますので実物もご覧になれます。
詳細はコチラ➡https://www.beautifulcars.biz/30848/

純水器1


ホームページ
   http://www.cbp-leston.com/

Facebook
    https://www.facebook.com/cbp.Leston/
  1. 2016/12/13(火) 18:12:01|
  2. ボディコーティング

フィット・ヘッドライトの黄ばみ・クリーニング・プロテクションフィルム


今朝の横手市は積雪がありました。車の上には20センチほど積もりました。
厳しい冬が始まりました。
日曜日に灯油のポリ缶を持ち上げた所、腰にビキッと・・・。やっちまいました。ぎっくり腰です。
スタッフには申し訳ないんですが月曜日は休ませて頂きました。(ToT)ゞ スンマセン
結構やっちゃうので、もう癖になってます。早期対処法もわかり、今では3日目には復活できるようになりました。
自慢できることではありませんが・・・。

本題に入ります。
沢山の方々にヘッドライトのプロテクションフィルムの施工でご入庫頂いております。
金額は材料費、技術料ともに高いので、こんなに沢山の方々に受け入れられるとは思っておりませんでした。
それだけヘッドライトの黄ばみに対して皆さんが敏感になっていることだと思われます。

施工工程を動画にしましたのでご覧ください。




動画の車両はホンダフィット。純正のハードコートがひび割れを発症しておりまして、黄ばみまではいかなくても
それの防止のためにご入庫いただきました。
1、純正の劣化したハードコートを除去するためにマシンによるサンディングにて削っていきます。こちらはペーパーの番手を
変えて6段階にて研磨していきます。
2、サンディングが完了後にマシンポリッシュにてヘッドライトの表面を整えていきます。こちらもコンパウンド、バフを数種組み合わせて数段階にて研磨していき、完全にクリアになるまで磨き込みます。
3、プロテクションフィルムを貼り付けして完成です。
ざっとこんな工程です。



下の画像はミライース。自分で黄ばみ処理を続けた結果、こんなありさまに・・・。
手遅れになる前で復活することが出来ました。
  
IMG_2532.jpg

IMG_2546.jpg



こちらは10アルファード。他店にて黄ばみ処理をお願いした様ですが・・・。ということでお持込頂きました。

IMG_2624.jpg

IMG_2643.jpg



30アルファード。新車で黄ばみ防止のためにご入庫です。
プロテクションフィルムには決まった施工方法はありません。ヘッドライトの形状から判断し、適切な施工方法にて処理します。
下の画像は型取りの工程です。

IMG_2670.jpg

IMG_2674.jpg


VWゴルフ。この車両も黄ばみが発生しやすいですね。

IMG_2694.jpg

IMG_2695.jpg


セルボモード。かなりの曲面があります。画像では判りにくいですがウインカーの部分がかなり盛り上がってます。

IMG_2704.jpg

IMG_2706.jpg

まとめてご紹介させて頂きました。
プロテクションフィルムではなく、ヘッドライトコートという選択肢もございますが現在の技術ではヘッドライトコートの耐久性は
1年程。そのために1年ごとにメンテナンスを受けるか、再コートするかとなります。

プロテクションフィルムであれば5年程の耐久性があります。どちらを選ぶかはお客様の判断になります。

プロテクションフィルム
   http://www.cbp.co.jp/ppf/ppf.pdf

ホームページ
   http://www.cbp-leston.com/

Facebook
    https://www.facebook.com/cbp.Leston/
  1. 2016/12/01(木) 18:04:00|
  2. ヘッドライトコート

プロフィール

カービューティープロ LESTON

Author:カービューティープロ LESTON
車のガラスコーティング、カーフィルム、カーラッピングなどの施工店を秋田県横手市で営業しております。店主の日々の奮闘記です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (48)
ボディコーティング (54)
ウインドウフィルム (22)
カーラッピング (30)
ヘッドライトコート (11)
ルームクリーニング (7)
コーティングメンテナンス (3)
バイクラッピング (3)
ホイールコーティング (3)
アンダーコート (1)
セラミックプロ (21)
プロテクションフィルム (9)
YAWARA・柔・レザーコーティング (1)

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。