~ もっと出来るはず ~   カービューティープロ LESTON 店主のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

レクサスLS Fスポーツ プロテクションフィルム施工

オーナー様、いつもお世話になっております。

出張が多く、高速道路を多用された前所有車はフロント廻りが飛び石によりボロボロに・・・。
これを防ぎたいとお持込いただきました。

施工箇所は
◎ボンネットフード
◎フロントバンパー
◎ヘッドライト
◎左右フロントフェンダー
◎サイドミラー

これでほぼ、飛び石の攻撃による被害は無くなります。手で握れるほどの大きさの石でなければ。

IMG_2064.jpg

塗装よりも厚みのあるポリウレタンフィルムが大切な愛車を守ります。

IMG_2065.jpg

施工してあることが全くわかりません。
逆に塗装肌が粗いパネルに施工した場合はオリジナルの塗装より綺麗に見えることがあります。

IMG_2066.jpg

ヘッドライトは最近、お悩みの方が多い黄ばみ防止にもなります。

IMG_2067.jpg

オーナー様の後の感想はとても良いとの評価を頂きました。
出来れば車全部に施工してもいいとの嬉しいお言葉を頂きました。
いつも当店をご利用頂き有難うございます。

IMG_2069.jpg
スポンサーサイト
  1. 2016/09/17(土) 18:45:54|
  2. プロテクションフィルム

アルミホイールコーティング


しばらくブログを更新していなかったので過去の写真から抜粋しています。

アルミホイールにコーティングをするということは私がこの仕事を始めた時にはありませんでした。
当時のコーティングはフッ素樹脂系のコーティングが主流で、いわゆるワックスの高級仕様的なものでした。
如何に綺麗に磨くことができるかが、この仕事で生き残る道だったと思います。

現在はガラスコーティングが主流となり、新車は新車以上に、既にお乗りのお車は新車の様に綺麗にすることが出来ます。
仕上がった塗装面をさらにガラスコーティングにて保護することにより、その輝きをより長く楽しむことが出来るようになりました。

ホイールコートもガラスコーティングが登場したおかげで、随分と普及しました。

IMG_1988.jpg

4セットほど溜まってしまいました。
新品なら、尚更、その輝きを維持したいですよね。

IMG_1985.jpg

当店のホイールコートはベースコートにポリシラザンを使用し、シリカガラス被膜を形成することに硬度と耐久性を確保し、防汚性能の高めるためにトップコートに高純度シリコーン被膜を形成させます。一般的な一層コートと比較しても、よりコーティングの効果を実感できると思います。
  1. 2016/09/12(月) 18:28:03|
  2. ホイールコーティング

レガシィB4 プロテクションフィルム施工


プロテクションフィルムの施工依頼が多くなり、やっと秋田県でも認知されはじめたかなぁと思っております。
こちらはボンネットフードへの施工です。

飛び石による塗装へのダメージは計り知れず。バンパーやその他のプラスチックパーツは塗装が剥がれるだけで
サビなどは発生しませんが、素材に金属が使われるボンネットなどは飛び石により塗膜が剥がれサビの原因となります。

酷くなれば塗装すれば良いかとは思いますが、オリジナルの塗装を大事にしたいと思われる方へは
塗装が綺麗なうちに施工しておいた方がよろしいかと。高速道路を多用される方には特にお勧めです。

IMG_2041.jpg

車体色が濃色系ですと秋田県の様な降雪地域ではスノーブラシによるキズの発生が多く、雪解けの春には無残な
ことになっていることもあります。
北海道でプロテクションフィルムの施工が多いこともうなずけます。


IMG_2040.jpg

その他、グリルのメタルパーツへのラッピングもご依頼いただけました。

スバルマークのサイド部分はブラックカーボン。その他の部分はサテンブラック(艶消し黒)で
施工。フロント部分が引き締まって、より洗練された感じです。
  1. 2016/09/08(木) 17:19:35|
  2. プロテクションフィルム

ヘッドライト 黄ばみ防止 プロテクションフィルム施工


ヘッドライトの黄ばみにお悩みのお客様はとても多くいらっしゃいます。
市販のヘッドライトの黄ばみ取りを使用しても、またすぐに黄ばんでしまう・・・。
磨いた後に高価なコーティング剤にて処理できれば耐久性もあがるのですが、それでも1年ほど。

当店では可能であればプロテクションフィルムを施工し再劣化を防止します。

施工車両はレガシィB4(BM)
この型も最近では劣化したヘッドライトを多く見かけます。


IMG_2051.jpg

ヘッドライトの素材にはポリカーボネイト(以下PC)と呼ばれるプラスチック素材が使用されますが
このままでは、すぐに劣化してしまうためハードコート処理を行い、PCの劣化を防ぎます。

ヘッドライトが黄ばんでくるのは、そのハードコートの劣化です。
早いものでは3年を経過したあたりから、その兆候が見られます。

IMG_2052.jpg

作業は劣化したハードコートの除去からはじまります。
耐水ペーパーで完全にハードコートを取り去ります。ハードコートはある程度除去できれば磨きによってクリア感は復元しますが
劣化の始まったハードコートは、残っているとまた黄ばむ可能性があります。

耐水ペーパーの番手を変えながら削っていきます。

IMG_2053.jpg

ペーパー処理後にポリッシャーを使用し、バフとコンパウンドを組み合わせながら数回クリアになるまで磨きます。
左側が初期研磨中。右側がペーパー処理を終えた段階です。

IMG_2054.jpg

曇りのないクリアーなヘッドライトが復元しました。

この後にプロテクションフィルムを施工するか、コーティングするかとなります。

IMG_2056.jpg

プロテクションフィルムを施工中です。ポリウレタンフィルムのプロテクションフィルムはボディの塗装よりも厚みがあり、
劣化の原因となるキズや汚染物質の付着を防ぎます。


IMG_2057.jpg

完成です。貼っているのはわかりません。これで醜い黄ばみから解放されます。

ヘッドライトは自動車メーカーにより品質がバラバラです。PCにクラッキングを発生するもの、黄ばみを通り越し、
白濁するものなど様々です。
黄ばみを放置したり、ご自身で処理などをした場合、手遅れになる場合も多く、再生不能になることもあります。





デイズルークス(B21A)
新車施工
IMG_2038.jpg





レガシィワゴン(BR)
劣化除去後、施工
IMG_2039.jpg





プリウス(20)
劣化除去後、施工。黄ばみを除去してもPCが白濁しており、完全にクリアになりませんでした。
IMG_2043.jpg




レクサスLS
新車登録から半年経過後に施工。ハードコートは劣化が見られないので研磨なし。
IMG_2045.jpg




アルファード(30)
新車施工
IMG_2075.jpg




アクア(NHP10)
新車施工
IMG_2090.jpg




インプレッサWRX Sti
劣化除去後、施工。
IMG_2121.jpg




アテンザ(GJ)
新車施工。岩手県からご来店。遠方からのお越し有難うございました。
IMG_2122.jpg
  1. 2016/09/06(火) 19:21:21|
  2. ヘッドライトコート

社用車 リフレッシュ

久しぶりのブログになってしまいました。
3月から書いておりませんσ( ̄∇ ̄。
忙しさを言い訳にして怠けておりました。
このブログで皆様に沢山の情報をお届けしたいと思っていたのに・・・。

今年も皆様のおかげで沢山のお仕事をいただけました。
この場でお礼申し上げます。

とにかく、コーティングのメンテナンスがとても多く、スタッフはヘロヘロになりながらの毎日でした。
常にお客様の満足度はいかがなものかと模索しながら一歩ずつ前へ進んでいきたいと思っております。




今日は社用車のファンカーゴのリフレッシュについてです。

IMG_2183.jpg

初年度登録平成11年ですので17年の月日が経ちました。
もちろん中古車です。
自家用も兼任してますのでそろそろ買い替えと思ったのですが
いつもお世話になっております秋田トヨタ横手店さんでリフトアップして見てもらったのですが
まだイケるとの判断でしたので車検を取ることにしました。

そこでリフレッシュを思いつき、決行です。

ルーフとボンネットフードに貼られてラッピングフィルムは限界を超えて変色。
ラッピングを施工した第一号車です。5年の月日が経過しておりました。




IMG_2184.jpg

いつも同じラッピングですとつまらないのでボンネットはシルバーカーボンとブラッシュドスチールを使い2分割してみました。
ちょっと面白いと思いませんか?と建前はこんなんですが実はハンパに余っていたものをつぎはぎにしただけです。




IMG_2185.jpg

ルーフは更に4分割です。よく見ると足りない部分があり、1センチほど隙間が空いてしまいました。


IMG_2186.jpg

サイドは何故か いつもこのデザインになってしまいます。店舗の看板と同じ。

ラッピングに決まりはないので
「 こんな感じにしてみたい 」 なんてのがありましたらご相談ください。
いつもウキウキするような愛車ですと楽しいですよね。
自分も楽しいです。

ただ不安なのは少し派手めのデザインにしたため、 中学生の娘になんか言われないかなと思ってます(^^;)

後はコーティングをしてフィニッシュ。もちろん、ボディには磨きが入ってます。
施工したコーティングはまだ販売されてないものです。
良いのが出来たので試してみてくださいとサンプルを頂戴したものです。
親水タイプのコーティングです。従来、親水と呼ばれるコーティングは沢山ありましたが
ん??????みたいのが多く、当店では撥水を推奨しておりました。

現在、このコーティングは公的機関に試験をお願いしているようです。
今までは各コーティング製造メーカーは独自に試験して市場に投入していたんですが
こちらのコーティングはかなりの自信作のようです。自分も期待してます。

コーティングは施工直後は良くて当たり前。その性能がどれだけ持続できるかが良し悪しを決めます。
このコーティングをご案内できますことを祈っております。
  1. 2016/09/05(月) 17:24:42|
  2. カーラッピング

プロフィール

カービューティープロ LESTON

Author:カービューティープロ LESTON
車のガラスコーティング、カーフィルム、カーラッピングなどの施工店を秋田県横手市で営業しております。店主の日々の奮闘記です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (48)
ボディコーティング (54)
ウインドウフィルム (22)
カーラッピング (30)
ヘッドライトコート (11)
ルームクリーニング (7)
コーティングメンテナンス (3)
バイクラッピング (3)
ホイールコーティング (3)
アンダーコート (1)
セラミックプロ (21)
プロテクションフィルム (9)
YAWARA・柔・レザーコーティング (1)

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。