~ もっと出来るはず ~   カービューティープロ LESTON 店主のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告


          新しいガラスコーティングが追加になりました。


無題jpg2

エシュロン ZEN-Xero Dynamic(ゼンゼロ ダイナミック)
ガラスコーティングはまた進化しました。

ただ今、キャンペーン実施中。
すでに、2台の施工に入ってます。30%引きは残り3台です。

詳しくはホームページをご覧ください。
スポンサーサイト
  1. 2015/12/24(木) 21:58:16|
  2. 未分類

レクサスCT200h ディフェンデル施工 秋田トヨタ横手店さま


走行距離 41.241km
カラーコード  3R1 レッドマイカクリスタルシャイン


fc2blog_20151215230949da3.jpg


テールゲートのガラスの下はウインドウを洗車無しで拭き上げた際についたと思われる無数のキズがありましたが
スッキリと磨き上がりです。

fc2blog_20151215224952076.jpg


ボンネットフードの画像は綺麗に見えますが無数の飛び石による塗装の剥がれがあります。
高速道路を利用されることが多いと思われます。
ぜひ、プロテクションフィルムのご用命お待ちしております。

fc2blog_20151215224853b23.jpg

fc2blog_20151215224909c3b.jpg

fc2blog_20151215224922499.jpg


当店の主力製品のディフェンデルですが、間もなくバージョンアップしたタイプが追加になります。
被膜硬度を上げ、より保護能力がアップします。
通常タイプより3割ほどお高くなると思われます。
ホームページよりも先にお伝えすることになってしまいました。


fc2blog_201512152249398a3.jpg
  1. 2015/12/17(木) 18:58:10|
  2. ボディコーティング

次世代研磨 勉強会


ポリッシャー改と新しいコンパウンドで次世代研磨方へ完全移行をしようと思い、皆で勉強中です。

現在の塗装では昔ながらのシングルポリッシャーでは対応が難しくなってきました。
高品位塗装や自己修復機能を持った塗装では全くシングルでは歯が立たない。

今までは数種類のポリッシャーと数種類のコンパウンド、バフを組み合わせておりましたが
ダブルアクションポリッシャーと呼ばれる非常に研磨力のないポリッシャーを使用した研磨法へ完全移行です。


IMG_0109.jpg


テスト車両は従業員の圭くんの身内の車。キズだらけのトヨタのカラー№209です。

もってこいの車両です。209 はトヨタが採用して16~17年くらい経過しているでしょうか。
現在も使われているブラックカラーで非常に硬い塗装被膜をもちます。
黒が好きな方にはお勧めします。
この塗装もシングルポリッシャーでは難しい部類です。

皆、勉強熱心です。

IMG_0110.jpg
  1. 2015/12/17(木) 17:42:45|
  2. 未分類

レガシィB4 1ヵ月無料点検メンテナンス


ドゥレッザガラスコーティングの1ヵ月目の無料点検メンテナンスとボンネットパネルのプロテクションフィルムの
施工でご入庫しました。


ドゥレッザガラスコーティングは高密度ガラスコーティング。高膜厚であるために洗車時のスポンジの滑りが
格段に違います。何度かコーティングを施工された経験のある方であればその違いをお分かり頂けるかと。


洗車時の動画はコチラ

IMG_1731.jpg




実はコーティング施工時、塗装面を研磨した際に残ったものがありました。
塗装面の陥没です。あまり良く判りませんが蛍光灯を透かして見た画像です。

原因は特定出来てはいません。施工完了時にプロテクションフィルムを貼り付けたところ見えなくなりました。
お客様と確認しましてプロテクションフィルムを施工することになりました。

IMG_1732.jpg



貼り付け作業中です。

プロテクションフィルムは飛び石による塗装の剥がれ、虫の付着による塗装の破壊を防ぐものです。
また、秋田県のような降雪地帯では氷やスノーブラシによるキズも防ぐことができます。
塗装の約2倍の厚みのポリウレタンフィルムがオリジナルの塗装を守ります。

IMG_1735.jpg




エッジ部分の処理は仕上がり重視で内側に巻き込みます。


と、ここまでは順調でしたが・・・。

よ~く見ると陥没の跡が見えるではありませんか。
塗装面の陥没を隠蔽できませんでした。私の判断が甘かったようです。

お客様と確認した際にはなくなった様に見えたのですが・・・。

期待をさせておいてこの始末。お客様の落胆されたお顔が浮かびます。大変申し訳ございませんでした。


IMG_0118.jpg



そしてプロテクションフィルムを施工する際に剥離したコーティングを再施工になりました。

乾燥中です。

IMG_1737.jpg


同時に錆びない封印加工のご依頼も頂いておりました。完成画像です。

今回は私のミスでお客さまにご迷惑をおかけしてしまいました。
まだまだ勉強不足です。
少しでもお客様のお役にたてるよう努力してまいります。


IMG_1740.jpg
  1. 2015/12/17(木) 11:50:08|
  2. コーティングメンテナンス

ついに来ました。初雪



来てしまいました。雪の季節が・・・。
これから2月まで雪に埋もれた生活がはじまります。はぁ。

仕事も極端に効率が下がり、一台あたりの施工時間が長くなります。ルームクリーニングなどはシートを丸洗いすると
次の日につららができていることも・・・。

まあ、自分的には来年度のシーズンインの前までにやることはいっぱいあります。のんびりはできません。

IMG_1699.jpg



昨日、施工後に発生する、多分磨き屋さんの多くが見過ごしてしまう症状を撮影することができました。

こちらの画像はエスティマのカラー№202のボンネットパネルです。耐スリ傷のクリア塗装があるタイプです。
まあよくもこの耐スリ傷の塗装にこんだけのキズをつけたもんだと半ば感心していまいました。
シミもとんでもなくあります。スケール除去をしても残ります。後は磨きで対処します。

塗装研磨終了後のパネルにヒートガンで熱してみます。すると あらら?綺麗に仕上がっていた塗装面に
研磨前のシミが浮かび上がってきたではありませんか。

この症状は検索しても出てこないので仮に「焼きもどり」なんて勝手に名前を付けてよんでます。

自分の推測ではポリッシャーで研磨する際に加圧によって塗装の中に一時的に押し込まれているのではと。
それが熱を加えることによって塗装が元の形に復元しようとする力が働きます。そうするとシミが浮かび上がるのでは
ないかと考えます。

この前にコーティングしたのにもうシミがついている・・・。こんな症状は上記のことが考えられますので施工店に
ご相談してみてください。


IMG_1692.jpg

  1. 2015/12/04(金) 09:17:13|
  2. 未分類

シャトル  ディフェンデル-F施工   ホンダカーズ湯沢店さま

皆さま お久しぶりでございます。

なかなかブログを書く時間がとれず放置しておりました。
仕事中はなかなか時間がとれないので帰宅してからやろうと思い

そこでiPadを使いサクサクっと行こうと思いiPadデビューしました。



まーなんとも字が打ちにくーい。そこでブルーテゥースキーボードも購入して…?
      これじゃパソコンと変わらんじゃない。ま、いっか。



ホンダ シャトル 

◎ カラーNo. R81    ミラノレッド

◎ 走行距離  1、784km

走行距離の割には塗装面の痛みが多くガッチリ磨きになりました。

ミラノレッドはソリッドカラー。赤や黄色のソリッドカラーは褪色が激しくコーティングで保護しておきたいところです。
最近では国産車の各メーカーからソリッドカラーのブラックが多く発売されていますが手入れが大変です。
赤のソリッドカラーも同様でクリアー塗装がされていない分 手入れが非常に難しい部類です。





できることであれば新車なら磨きをかけたくはないのですが輝を考えると軽くでも磨きをかけるのも必要になります。
新車でも塗装面がくすんでいる物も多く本来のツヤを出すためです。




すっきりとした塗装面が出来上がりました。あとはこの状態をどれだけ維持できるかということになります。
なんでも同じだと思うのですが家電でも丁寧に扱えば長持ちしますし、扱いが雑ですと早く壊れます。
コーティングも同じようなことが言えます。





当店にはセラミックプロと言う非常に硬い皮膜を形成し、キズが付きにくいというコーティングがありますが、
一般的に出回っているガラスコーティングと呼ばれる商品は膜厚が薄く、硬度もないので適当に洗車していては
アッという間にキズだらけというのも珍しくありません。

的確な洗車方法を身につけてお客様の愛車が長期間にわたり輝き続けることが我々プロショップの喜びでもあります。





ディフェンデルは価格と性能のバランスがとれた当店の人気商品ではありますが私が思うところでは
雪国仕様と考えると少し硬度が足りないと思うのです。一般的に出回っているガラスコーティングよりは
遥かに高い性能を保持してはおりますが…。

自分の理想とするコーティングは完全雪国仕様。それを低価格で提供できるよう常に考えています。

  1. 2015/12/03(木) 00:21:31|
  2. ボディコーティング

プロフィール

カービューティープロ LESTON

Author:カービューティープロ LESTON
車のガラスコーティング、カーフィルム、カーラッピングなどの施工店を秋田県横手市で営業しております。店主の日々の奮闘記です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (48)
ボディコーティング (54)
ウインドウフィルム (22)
カーラッピング (30)
ヘッドライトコート (11)
ルームクリーニング (7)
コーティングメンテナンス (3)
バイクラッピング (3)
ホイールコーティング (3)
アンダーコート (1)
セラミックプロ (21)
プロテクションフィルム (9)
YAWARA・柔・レザーコーティング (1)

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。