~ もっと出来るはず ~   カービューティープロ LESTON 店主のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アルミホイールコーティング 34GTR ニスモ


常連のお客様よりホイールコーティングのご依頼です。

なんともサイズが18×10 1/2Jです。数十年前はこんなぶっといホイールがありましたが久しぶりに見ました。
限定品をゲットできて凄く喜んでおられました。
生産数が少なく、既にネット上で高値で取引されているとのお話です。

IMG_2310.jpg

美しい‘NISMO‘の文字が刻まれています。

IMG_2311.jpg

完成したホイールを横から見ると?。なんかホイールに見えません。
セトモノの瓶のように見えるのは自分だけでしょうか・・・。

当店のホイールコートはベースコートとトップコートの二層仕上げ。
トップコートが減少してもポリシラザンのベースコートがしっかりと愛車のホイールを保護します。

IMG_2325.jpg




ホイールコーティング撥水動画





こちらのお客様は2年程前に当店へボディコーティングにてご来店くださいました。
ボディカラーがソリッドのホワイト。チョーキングを発症してまして正直、どうかなと思いました。
仕上がりはバッチリでしたが、チョーキングの再発を心配しておりました。が、現在でもコーティングの効果は落ちておりません。

蘇った愛車(愛人?)に感動したお客様はそれからも貢続けて・・・。
きっと家が建ってるくらいに・・・。なったみたいです。

IMG_2166.jpg


ホームページ
   http://www.cbp-leston.com/

Facebook
   https://www.facebook.com/cbp.Leston/


アルミホイールコーティング
   http://www.cbp-leston.com/other_3.html



スポンサーサイト
  1. 2016/10/28(金) 09:05:22|
  2. ホイールコーティング

アルミホイールコーティング


しばらくブログを更新していなかったので過去の写真から抜粋しています。

アルミホイールにコーティングをするということは私がこの仕事を始めた時にはありませんでした。
当時のコーティングはフッ素樹脂系のコーティングが主流で、いわゆるワックスの高級仕様的なものでした。
如何に綺麗に磨くことができるかが、この仕事で生き残る道だったと思います。

現在はガラスコーティングが主流となり、新車は新車以上に、既にお乗りのお車は新車の様に綺麗にすることが出来ます。
仕上がった塗装面をさらにガラスコーティングにて保護することにより、その輝きをより長く楽しむことが出来るようになりました。

ホイールコートもガラスコーティングが登場したおかげで、随分と普及しました。

IMG_1988.jpg

4セットほど溜まってしまいました。
新品なら、尚更、その輝きを維持したいですよね。

IMG_1985.jpg

当店のホイールコートはベースコートにポリシラザンを使用し、シリカガラス被膜を形成することに硬度と耐久性を確保し、防汚性能の高めるためにトップコートに高純度シリコーン被膜を形成させます。一般的な一層コートと比較しても、よりコーティングの効果を実感できると思います。
  1. 2016/09/12(月) 18:28:03|
  2. ホイールコーティング

ホンダ シャトル ホイールコーティング

IMG_1105.jpg

納車前のシャトルのホイールコートのご依頼です。

新品ですと洗浄の手間が省ける分、お安くなります。

当店では複雑な形状のホイールに対応するためにガン吹きにて施工しております。

素材はポリシラザン。ガラスコーティングを世に知らしめた革命的なコーティングです。

シラン系のホールコートも試験しましたがガン吹きでの施工は膜厚が厚くなるぶん乾燥できない欠点があり

手塗りでしか使用できませんでした。ポリシラザンもシラン系もどちらも良い性能を持ち合わせておりますので

コッチはだめみたいなことはありません。ポリシラザンは高純度シリカ膜を形成しますのでシラン系のような

撥水はしませんが非常にに硬く、耐久性のあるコート剤です。

IMG_1102.jpg

ホイールの裏側も丁寧に吹き付けます。当店のホイールコートの料金は裏側のコートも含めた料金になります。

以前、ホイールの走行時の温度変化を示したグラフがどっかのサイトにあったんですが見つけることができませんでした。

ホイールの表面温度はハード走行で100℃~150℃ほどになります。これぐらいは問題ないのですがブレーキパッドから

出る粉の温度は600℃ほど。当然、こんな高温の物体がホイールにつくのですから洗ってもなかなか落ちないのは当然。

ポリシラザンの耐熱温度は1000℃以上です。どうですか、やってみたくなってきませんか?


  1. 2015/06/27(土) 11:41:27|
  2. ホイールコーティング

プロフィール

カービューティープロ LESTON

Author:カービューティープロ LESTON
車のガラスコーティング、カーフィルム、カーラッピングなどの施工店を秋田県横手市で営業しております。店主の日々の奮闘記です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (48)
ボディコーティング (54)
ウインドウフィルム (22)
カーラッピング (30)
ヘッドライトコート (11)
ルームクリーニング (7)
コーティングメンテナンス (3)
バイクラッピング (3)
ホイールコーティング (3)
アンダーコート (1)
セラミックプロ (21)
プロテクションフィルム (9)
YAWARA・柔・レザーコーティング (1)

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。