~ もっと出来るはず ~   カービューティープロ LESTON 店主のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トヨタ・ルーミー・ラッピング


某トヨタディーラーの工場長からのご依頼です。

新車で早くもルーミーが納車になりました。グレードにより、窓枠の部分はボディと同色。
オーナー様の気に入らない部分は画像の赤の矢印部分。
フロントドアからスライドドアまでは真っすぐなラインがでていますがクォーターウインドウになると突然絞りこまれます。
ここを真っすぐにテール部分に向けてライン出しをしたいとのこと。
うーん、たしかに少し変。

IMG_2825(2).jpg

そこでグロスブラックでルーフモールの外側をラッピングすることに

IMG_2894.jpg

テールエンド部分は丁度よくテールランプと綺麗にラインがでました。

IMG_2893.jpg

問題はクォーターウインドウの下の部分。サテンブラックでフロントドアから真っすぐにライン出し。
思ったより仕上がりが良く、パッと見は純正のモールに見えます。

IMG_2892.jpg

ダミーのサンルーフ。
当店で作業したのはここまで。

IMG_2891.jpg

全てを完成してオーナー様が見せに来てくれました。
車高を落として、ホイールを変えて、サイドミラーのアーム部分とアウタードアハンドルを塗装して。

IMG_2905.jpg

こちらの車両は奥様が乗られる様子。前車も純正カラーにないラッピングをさせていただきましたが、工場長のお勤め先へ
あのカラーが欲しいとお客様がいらしたとか・・・。
どこのトヨタさんへ行ってもありませんのでご了承ください(^^;)

IMG_2906.jpg

カーラッピング
   http://www.cbp.co.jp/company/topics/topics_110513_wrap_2.html

ホームページ
   http://www.cbp-leston.com/

Facebook
    https://www.facebook.com/cbp.Leston/

スポンサーサイト
  1. 2016/12/27(火) 18:04:27|
  2. 未分類

車のボディに出来る水シミ(イオンデポジット)


皆さん、イオンデポジットと言う言葉を知っていますか?聞きなれない言葉だと思います。
コーティングや洗車に詳しい方ならピンとくるはずですが。

よく、自動車ディーラーさんから相談されます。お客様とトラブルになるとも良く聞きます。
お客様とのトラブルを避けるためにこんな動画を作ってみました。
ご参考になれば幸いと存じます。





要するにイオンデポジットとは水道水によって出来る水シミのことになります。

水道水にはカルシウムやマグネシウムなどのミネラル成分が含まれます。これが乾燥する際に水だけが蒸発し、ミネラル成分が
取り残されたものになります。ちなみに地下水ですと鉄分やマンガンも含みますので尚更、洗車には向きません。

シミが発生した時点では拭き取ることにより、ある程度はなくなります。しかし真夏の炎天下ではボディの表面温度は
濃色車で80℃を超え、淡色車でも50℃台になり、シミを放置することにより、塗装面に焼付をおこし、強固なシミとなります。

雨にはシミの原因となるミネラル成分は含みませんのでシミは発生しません。しかし、絶対に出来ないとは言い切ることも
出来ません。塗装面に降り積もる大気汚染物質には有機質や無機質のチリやホコリなどが含まれます。
それらが雨にあたり、溶け出し、乾燥することによるシミの発生もあります。小雨で出来る傾向にあります。

黄砂などは当然、ミネラルを含みますので早めの洗車が必要です。また駐車している環境により、汚染物質が多い場所でも
発生しやすくなります。


下の画像はフロントガラスに付着したイオンデポジットです。
この画像からも確認できるほどのシミが見えます。

IMG_2379.jpg


こちらは拡大した画像です。こんな感じのを見たことがありませんか?
浴室の鏡を想像してみてください。多分、皆さんの家のにもあると思います。これもまた水道水が乾いたイオンデポジットです。

これは洗車した状態でワイパーを作動させることもなく乾いた状態です。ここまで付着してしまうとガラスを削るという行為で
研磨しなくてはなりません。視界不良にもなりますし、雨でなくても夜間は非常に危険です。

IMG_2378.jpg

ではどうすればよいか。
◎綺麗な状態を保つには汚れが固着する前に早めの洗車を心がける。
◎水道水は乾かさない様に素早く拭き取ることを心がける。
たったこれだけです。当然、正しい洗車方法を身に着けてからになりますが。
むやみに洗車するだけではシミ以上にスクラッチキズを付けるだけにになりますから。


ここからはまたワンランク上のお話になります。
水分を乾かさずキッチリと拭き取れば問題がないのかというと、これもまたそうではありません。
キッチリとミネラル成分を塗り伸ばしています。いずれ汚れの皮膜がコーティング上や塗装表面にできます。
少しずつクスミが発生してきます。これを防ぐには純水による洗車しかありません。

純水器1

これは秋田市のコーティングショップ・ビューティフルカーズ製のオリジナル純水器になります。
こちらは販売代理店として当店でも取扱いを始めました。

商品詳細はhttps://www.beautifulcars.biz/30848/

純水器を使用することにより、水道水で洗車するよりも輝きを持続させることが可能です。
ご興味がございましたら上記のURLをポチっとしてみてください。


ホームページ
   http://www.cbp-leston.com/

Facebook
    https://www.facebook.com/cbp.Leston/

  1. 2016/11/16(水) 19:33:08|
  2. 未分類

冬季のガラスコーティングについて


いよいよ秋田県にも今週、天気予報に雪⛄マークがついてしまいました。
北海道ではもうすでにフツーに降ってるみたいですが(^^;)
皆さん、タイヤ交換はお済ですか?雪が降る中、ビチャビチャになりながら交換はいやですよね。
高速道路などを使用する予定のある方は早めの交換ですね。

先日、東京の友人のFacebookで一泊二日でキャンプツーリングしてると・・・。自分のバイクは冬眠の準備でしたが。

それでは本題です。
この時期になると、お客様より 「冬にコーティングして大丈夫ですか?」 と よく質問されます。
当店では一年を通して同じ品質で納車させて頂いております。


IMG_2527.jpg

現在、主流となっているカーコーティングはガラスコーティング。毎年、メーカーさんの努力により、素晴らしいコーティングが
生まれてきます。私達、ディテイラーにとってはうれしい限りです。

ガラスコーティングですが大きく分けてポリシラザンとオルガノポリシロキサン(シラン系)に分かれれます。
ポリシラザンは乾燥が急激なために手塗りでは施工できません。よってスプレーガンにて施工します。
施工に気温の影響が少ないと言えます。
当然、ガン吹きですので施工環境が悪いと施工できません。非常に硬い被膜を形成しますが厚塗りでクラックが
生じますので施工する方の技量が左右します。

IMG_2431.jpg

シラン系ガラスコーティングですがガラスに色々な機能を持たせることが出来るため、私たち専門店でも多く使用されています。
美しい輝きと排水性を操作できるので製造メーカーの腕の見せ所になります。
問題は乾燥です。

IMG_2432.jpg

気温が20℃くらいであれば12時間ほどで硬化し、納車が可能になります。15℃前後でも乾燥しますが撥水力が落ちます。
撥水力が落ちる原因は撥水基が形成されていないが原因です。要するに撥水基を形成させるためには温度が重要になると
いうことです。
撥水基?。聞きなれない言葉ですよねぇ。簡単に説明しますと新品のジュータンと考えてください。

無題

新品のジュータンは図の様な断面です。これに水をこぼすと弾きます。古くなってこの繊維が寝てしまうと水をこぼすと
しみていきます。コーティング表面にも同じような物(撥水基)が形成されます。古くなってしまうと撥水基が寝てしまい、
水弾きが悪くなるというものです。ですので撥水しなくなったからコーティングが取れたと理解している方もいらっしゃいますが
それは間違いですね。気温が低い状況での施工はこの撥水基が立たずに寝てしまい撥水力は非常に弱いものになります。


IMG_2455.jpg

気温が重要なのは当然ですが、もっと大事なのはコーティング対象物の表面温度です。
秋田県のような気象条件ではブースの温度は保たれていても外から入庫したばかりの車両ですとなかなか表面温度が
上がりません。この状態で施工しても撥水基がキチンと形成できません。

余談ですが衣類やシューズに使用する防水スプレーも同じく撥水基により撥水するもので、対象物が冷えていると効果が
薄くなります。スプレーしたあとにドライヤーなどで熱を加えて乾燥させると希望通りの効果を発揮します。


IMG_2456.jpg

表面温度は大事ですが12時間もその温度を保つのはなかなか暖房費もバカにならず(-。-;)
そのため、さらに赤外線ヒーターを使い、強制乾燥します。

いかがでしょうか?当店では一年を通して同じ品質で納車していますの意味がお分かりいただけましたでしょうか。
少し、専門的になってしまいました。



ホームページ
   http://www.cbp-leston.com/

Facebook
    https://www.facebook.com/cbp.Leston/

  1. 2016/11/07(月) 17:09:49|
  2. 未分類

車の内窓の曇り


先日、お客様より内窓が曇るのでなんとかならないのもかとご相談がありました。
この時期は雨が降ると車の内窓が曇ってしまう現象、いわゆる結露が多く見られます。

そもそも結露する原因は湿度が100%を超えた時点で空気が水分を抱えきれず吐き出してしまう現象です。
ですのでエアコンで除湿するかウインドウを下げるなどして換気してあげることが手っ取り早い方法と思います。

また、窓が結露するのはガラスの外と内の温度差により温度の低い方に水分が貼りつきますので、今の時期は
曇ると言うことになります。

市販品で曇り止めなるものが売ってますが、これはガラスに界面活性剤を塗り込み水滴を親水させて結露していない
ように見せかけています。自分的には好きではありませんが・・・。


無題

窓が曇る原因には内窓の汚れも関係してきます。汚れに水分が付着しやすいからです。

これは皆さんホームセンターなどでよく見かける激落ちくんです。
ガラスの内側は新車時からかなり汚れています。これはガラスクリーナーなどでは落ちません。業務用のガラス研磨剤で磨くのが一番ですが、なかなか手に入れるのが難しいのかと思います。

そこで激落ちくんの登場です。メラミンスポンジで汚れを根こそぎ取り除けます。気をつけなくてはならないのがメラミンスポンジは
研磨剤です。ダッシュボードなどを擦ってしまった場合は白く削れてしまいます。取扱いは慎重にお願いします。
後はガラスクリーナーで綺麗に吹き上げる。これで曇りやすいガラスも問題解決とまではいきませんがかなり効果があります。
また、内窓が綺麗ですと視界もスッキリします。

IMG_2389.jpg

曇りではありませんがフロントガラスの表面も研磨することにより視界がクリアになります。
目視では確認できないのですが、西日や街灯の下でギラギラすると思ったかたはフロントガラスに汚れが固着しています。
最近、依頼が多くあります。
これを完全に除去するにはガラスの表面の皮を一枚剥くイメージで削り落とす必要があります。

当店では特殊パッドと仕上げパッドにて二段階で処理し、ガラスをフラットにしております。
もちろん、汚れの再付着を防止するためにガラス撥水コーティングも必要ですね。

IMG_2367.jpg


ホームページ
  http://www.cbp-leston.com/a>
Facebook
  
https://www.facebook.com/cbp.Leston/
  1. 2016/10/21(金) 09:20:16|
  2. 未分類

新年 明けましておめでとうございます

1.jpg

皆さま、明けましておめでとうございます。

当店はおかげさまで14年目を迎えました。昨年はホームページ、ブログを開設しまして沢山の方々に御回覧頂き
ありがとうございました。遠方からのご来店も増えまして本当にありがたく感謝しております。

私たちが事業を展開する上で何よりも大切にしなくてはならないのはお客様の信頼と施工店としての信用だと考えます。
そしてそれらを作り上げるのは一朝一夕ではできません。施工の品質は勿論のこと、日ごろの営業からアフターフォローまで
真摯な姿勢でお客様との良い関係を地道に積み上げていくことです。

昨年は当店としてもチャレンジの年でもありました。50歳を迎えた私ですが、まだまだ前進する気持ちは全く衰えはありません。
常に 「 もっとできるはず 」 と考え、新しいものを発見してお客様にご奉仕できるよう心がけて参ります。

本年もどうぞよろしくお願い致します。
  1. 2016/01/06(水) 18:34:48|
  2. 未分類
次のページ

プロフィール

カービューティープロ LESTON

Author:カービューティープロ LESTON
車のガラスコーティング、カーフィルム、カーラッピングなどの施工店を秋田県横手市で営業しております。店主の日々の奮闘記です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (48)
ボディコーティング (54)
ウインドウフィルム (22)
カーラッピング (30)
ヘッドライトコート (11)
ルームクリーニング (7)
コーティングメンテナンス (3)
バイクラッピング (3)
ホイールコーティング (3)
アンダーコート (1)
セラミックプロ (21)
プロテクションフィルム (9)
YAWARA・柔・レザーコーティング (1)

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。